HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> スピードスケート部男子学校対抗2年連続33度目V

生徒・保護者の皆様へ

スピードスケート部男子学校対抗2年連続33度目V

第67回全国高等学校スピード選手権大会の最終日(4日目)の競技、2000Mリレーとチームパシュートが26日山梨県の富士急ハイランドセイコオーバルで行われ、白樺学園(男子)が2種目とも優勝、学校対抗の点数を72点に伸ばし2位に24点差をつけ二年連続33度目の全国一に輝きました。おめでとうございます。

CQGE1638.jpg
写真提供:奥泉先生(スピードスケート部顧問)


最終日の主な結果(白樺学園)

◇男子2000Mリレー

優勝:向山、大島、堀川大地、久保 2分25秒17(リンクレコード)

◇チームパシュート

優勝:奥山、堀川翼、野々村 4分6秒63(大会記録)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。