HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> バスケ部新チーム躍進 再延長制し新人全道第3位

生徒・保護者の皆様へ

バスケ部新チーム躍進 再延長制し新人全道第3位

本日28日、帯広市総合体育館で行われた、第30回北海道高校バスケットボール新人大会の男子3位決定戦は、白樺学園が札幌工業を再延長戦の末76対72で下し、同大会第3位となりました。おめでとうございます。目標の「インターハイへ向けてのシード獲得」に一つ上乗せし、第三シードを獲得した。午前中行われた準決勝は今大会優勝の駒大苫小牧高校に76−100で破れはしたが、準々決勝や最終戦の3位決定戦ではリードを奪われても「ねばり強く守り、リズムの良い攻撃につなげた。途中であきらめずに、最後まで勝つ気持ちでプレーした」と高橋彪雅主将。1年生がプレーで、2年生が気持ちで支えての大躍進だった。(荘司)

LD7A4601.jpg


LD7A4603.jpg

おめでとう!撮影強力ありがとう!

 

 

接戦を伝えるため、いくつか名場面を掲載してみます。

 

◇最終第4クォーター残り10秒

負けています。

LD7A4210.jpg

タイムアウトからコートに向う一年生に声をかける二年生。

LD7A4220.jpg

 

ラストチャンスでシュートを放つ。

LD7A4233.jpg

 

ボールがゆっくりと弾みます

LD7A4238_1.jpg

 

LD7A4242.jpg

決まりました!

LD7A4251.jpg

残り1秒で同点。

LD7A4266.jpg

この後わずか2分間の休憩を挟み、5分間の延長に。

 

 

 

◇5分間の延長戦も残り1分程

LD7A4352.jpg

 

ファウルからフリースロー。出場選手たちがそろって見守っています。あまり見られない場面です。

LD7A4383.jpg

 

LD7A4392.jpg

1本外すも二本目が決まり63−65

 

 

◇このまま負けてしまうのか?と思われた残り6秒。

ファールで3本のフリースローが与えられた。

LD7A4398.jpg

 

二本はずせば負けが濃厚、三本決めれば勝利が濃厚。

 

一本目を決め、二本目を外し64−65。

 

三本目のフリースローです。

LD7A4434_1.jpg

LD7A4437.jpg

入った!同点!

LD7A4441.jpg

延長5分で決着がつかなかったので、この後5分間の再延長戦に入りました。

 

 

◇再延長残り約2分、70対70の場面

LD7A4495.jpg

 

「(離されても)みんな勝負をあきらめずに守って攻撃につなげた。」という主将はスリーポイントシュートを放つ。

LD7A4496.jpg

LD7A4499.jpg

これが決まり、73−70。延長戦で両軍疲れもピーク。

普段は入るシュートも中々入らなくなってきていました。

そんな中、勝負を左右する値千金のシュートでした。

 

 

◇再延長戦残り7秒、74対72と次のゴールが勝負を決める場面。

LD7A4557.jpg

佐々木がゴールを決め76−72

LD7A4559.jpg

LD7A4562.jpg

なお、佐々木選手は大会の優秀選手にも選ばれました。おめでとうございます。

 

今日の試合すごかったです。試合終了間際はタイムアウトが頻繁にとられ、セットプレーやファールも多い。

「こういった場面は経験がものをいう。バスケットボールの指導者で高齢な人が活躍するのは経験が大切なスポーツだから。冷静に対応できたと思う。」と宮下コーチ。

 

選手たちも貴重な経験を積んだと思われる。これからも学校生活と部活動、両立して頑張りましょう!

 

保護者の皆さん、応援のみなさんもお疲れさまでした。

 

大会優勝校は駒大苫小牧高校、準優勝は東海大学札幌高校でした。

 

<応援の意味で写真を掲載します>

LD7A3801.jpg

LD7A3825.jpg

LD7A3852.jpg

LD7A3874_2.jpg

LD7A3910.jpg

LD7A3927_1.jpg

LD7A4009.jpg

LD7A4133.jpg

LD7A4176.jpg

LD7A4195_1.jpg

LD7A4202.jpg

 

がんばれ。白樺学園バスケットボール部。

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。