HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> 野球部14年連続17度目代表へあと1勝 秋季十勝支部予選準決勝

生徒・保護者の皆様へ

野球部14年連続17度目代表へあと1勝 秋季十勝支部予選準決勝

センバツへとつながる第71回秋季北海道大会十勝支部予選のAブロック準決勝が15日、帯広の森野球場で行われ、白樺学園は江陵高校に5対1で勝利し代表決定戦進出を決めました。17日第一試合の代表決定戦では、昨秋代表の帯広農業高校と対戦する。白樺学園が勝つと14年連続17度目の秋季代表となる。野球部の皆さん、あと1勝です、必ず全道へ行きましょう!頑張りましょう!そして保護者、関係者、観戦のみなさん、応援ありがとうございました。引き続きあたたかい応援よろしくお願いします。(荘司)

IMG_7789_-2_-3_トーンマッピング済み-2.jpg
 


白樺学園   020  201  000     5

江陵高校   010  000  000     1

投手ー捕手: 工藤、桑村(8回一死〜)ー 業天

二塁打:奥村(4回)

工藤 7回1/3(8回のワンアウトまで登板) 被安打1 自責点1 、 桑村 1回2/3 被安打0 自責点0(無四球)

 

◇得点

1点目:宮浦 センター前ヒット(2回 一死一、二塁 二塁ランナー大和生還)

2点目:久保 三塁ゴロ(一死満塁 三塁ランナー業天生還)

3、4点目:奥村 左中間二塁打時送球エラー(4回 二死 一塁、相手送球エラーで、一塁ランナー工藤、打者走者奥村生還)

5点目:片山 ライト前ヒット(6回 二死二塁、二塁ランナー久保生還)

◇失点

1点目:2回 先頭打者が四球で出塁、二塁へ盗塁、内野安打で無死一、三塁。セカンドゴロの間に三塁ランナー生還。

 

◇四死球での出塁

白樺9(6回までで9つ。7,8,9回は出塁なし。

◇与四死球 8

◇ヒット

白樺6(うち二塁打1本含む)

被安打(打たれたヒット)は1

 

野球部の3年生が中心に、一二年生、そして校長先生も応援をリードしました。

IM7D7174.jpg

IM7D7273.jpg

IM7D7293.jpg

 

挨拶

IM7D7305.jpg

IM7D7311-2.jpg

IM7D7313-2.jpg

IM7D7320.jpg

<1回から>

先頭打者

IM7D7370.jpg

カットで粘る奥村選手。四球出塁。

 

二死一塁、四番山口選手は内野安打は送球エラーも誘い、二死二、三塁。

IM7D7447.jpg

 

チャンスで5番松尾選手。

IM7D7489.jpg

残念ながらセカンドに捕られ外野へ抜けず。無得点。

 

<二回から>

先頭打者の大和主将がレフト前ヒットで出離

IM7D7600.jpg

 

一死一、二塁で、セカンドでスタメン出場の宮浦選手がセンター前へ運びキャプテンが生還し先制に成功した。

IM7D7633.jpg

IM7D7657.jpg

 

一死満塁から、久保選手の三塁ゴロで、死球出塁していた業天選手ホームイン。

IM7D7721.jpg

IM7D7729.jpg

 

二回裏 二死二塁

一点差と詰め寄り、投球直前に果敢に次の塁をねらってくるランナーを落ち着いて工藤投手が三塁へ送球しアウトにする。

IM7D7808.jpg

 

<4回から>

二死一塁。

この試合唯一の長打、奥村選手が左中間二塁打を放つ。

IM7D8046.jpg

送球エラーがあり、ランナーに続いて、打者走者の奥村選手がホームイン

IM7D8082.jpg

 

4−1としもりあがる応援。

この夏の涙は2ヶ月で消えたようです。

後輩達のために応援する姿はほほえましく、そして楽しそうでした。

IM7D8198.jpg

 

<4回から>

得点をもらい、2戦連続先発の18番工藤投手はエースの風格が漂う、ナイスピッチングを見せる。

三塁ゴロ、三振、二塁ゴロと、この試合初の三者凡退に抑える。

球速以上に球威を感じるボールが捕手のミットに収まっていた。

IM7D8285.jpg

 

二塁ベース方向の打球に好守備を見せる、宮浦二塁手。

IM7D8322.jpg

 

<6回から>

二死二塁から、技ありでライト前に運ぶ一塁手で出場の片山選手。

IM7D8519.jpg

久保選手がホームイン、5−1。

IM7D8539.jpg

 

<6回>

軽快な守備をみせる大和三塁手。白樺学園は無失策だった。

IM7D8612.jpg

 

<7回>

7回以降は打者3人ずつで攻撃を終えたが、良い当たりも出ていた。

大和選手の第四打席(ライトフライ)

IM7D8645.jpg

 

<7回から>

先頭打者の一塁ゴロを処理し、自らベースに入る片山選手。

IM7D8697.jpg

 

二塁ベース付近の打球を軽快に処理、送球する久保選手

IM7D8712.jpg

工藤投手は4回に続いて二度目の三者凡退に抑えた。

 

<8回から>

力投する工藤投手 

IM7D8808.jpg

7回1/3、被安打1も。連続四球を出したところで、桑村投手が登板。

 

IM7D8841.jpg

マウンドへ笑顔場見られる桑村投手、野球をするのがとても楽しそうに見えました。

 

得点圏にランナーを背負っての登板。

登板直後、落ち着いて二塁へ鋭い牽制。

IM7D8883.jpg

初球を投じる

IM7D8896.jpg

ランナーがスタート

捕手業天が送球し三盗を防いだ。

三塁手は大和主将。

IM7D8907.jpg

捕手があわてて送球エラーが出るような場面でしたが、良い送球が行きました。

 

桑村投手はその後、パーフェクトピッチングで、一人の走者も出しませんでした。

 

IM7D8928.jpg

*ボールにピントをあわせています。

 

二塁ベース方向のセカンドゴロを二塁手が軽快に処理。

IM7D8941.jpg

<9回>

IM7D9025.jpg

 

IM7D9079.jpg

 

この試合最後の1球を投じる

IM7D9084.jpg

三振に抑え、勝利。

 

IM7D9114.jpg

 

IM7D9139.jpg

 

がんばれ!白樺学園。

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。