HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> 第20回吹奏楽部定期演奏会 大ホールに430名集う

生徒・保護者の皆様へ

第20回吹奏楽部定期演奏会 大ホールに430名集う

白樺学園高校吹奏楽部(山本睦人音楽監督、吉澤美穂部長、部員38名)の第20回定期演奏会が9月24日、帯広市民文化ホール大ホールで開かれた。

IM7D1653.jpg


第一部では、今年度の全国吹奏楽コンクールの課題曲コンサートマーチ「虹色の未来へ」と自由曲「ラッキードラゴン~第五福竜丸の記憶~」を含め5曲を演奏。衣装を替えた第二部、第三部とアンコール1曲を含め、14曲を披露した。コンクール曲を除く曲は3年部員が各々選曲したもので、曲の紹介も選曲者が行った。
 前列で聴いた嶋野校長は「部活を含め、学校生活でいろいろ頑張っている生徒達。普段はパート練習の姿しかみれれないので、一つになって演奏している姿はまとまりがあってとても感動した。」という。第20回を記念する定期演奏会は初の大ホールで430名の来場となり部員達の練習の成果に大きな拍手が贈られていた。
 なお例年定期演奏会が3年生の最後の演奏となるが、今年は高文連十勝地区音楽発表大会で最優秀賞となったため、10月4日旭川市市民文化会館で行われる高文連全道音楽発表大会が最後の大会となる。(荘司)

IM7D1708.jpg

IM7D1743_2.jpg

 

吹奏楽部主将の高澤さん「楽しくて、あっという間でした。」

今回の演奏会、楽しくてあっという間でした。吹奏楽部での3年間も楽しくてあっという間でした。この間入学したと思ったら、もう最後の定期演奏会がきた。そして演奏会も、あっというまに一部がおわり、二部が終わり、挨拶も終わって、最後を迎えていました。どれだけ人が来てくれるんだろうとか、後輩が考えてくれた、照明や演出はどうだろうとか、楽しみにしていたこともたくさんあって、わくわくしていました。挨拶の時は頭が真っ白になって準備していたことが飛んでしまいましたが、無事できて良かったです。今年は定期演奏会で終わりじゃなくて、旭川での音楽発表大会があります。3年生はそこがラストですが、大部屋でみんなで泊まれるのでそれも楽しみです。今回の演奏会2時間は私にとってはあっと言う間の楽しい時間でした。来場くださったみなさん、ありがとうございました。

 

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。