HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> 男子バレー部 ベスト8へあと一歩 フルセットで涙 春高バレー道予選

生徒・保護者の皆様へ

男子バレー部 ベスト8へあと一歩 フルセットで涙 春高バレー道予選

16日、全日本バレーボール高校選手権北海道代表決定戦の男子3回戦、白樺学園(帯広1位)は札幌工業(札幌5位)と対戦、フルセットの末、1(23−25、25−20、17−25)2で敗れ、ベスト8進出はならなかった。(荘司)

IM7D4108.jpg


第一第二セットとリードしている時間も長く勝利でベスト8入りが見えたが、終盤に相手の好プレー等粘りで惜しくもゲームを落とした。特に競り合いとなった第一セットは序盤5−6の競り合いから白樺が抜け出し、11−7とリードを4点に広げた。タイムアウト後12−12と猛追されたが、振り切られることなく競り合いが続き17−17。そして20−17と3点差つけて白樺学園が先に20点に到達し良い雰囲気での白樺バレーが展開された。しかし相手の粘りで22−22と追いつかれてしまう。22−23,22−24、23−24、23−25で惜しくも第一セットを落とした。あと1点でデュースになっていればと悔やまれる。そのままで終われない白樺は、第一セット終盤の相手の勢いをとめ、第二セットは白樺のペースで進める。このセットも先に20点到達(20−14)しそのまま逃げ切りに成功。危なげなくセットを奪い返した。最終セットは序盤から少しずつ引き離され逆に14−20と相手が先に20点到達。最終セットはそのまま追いつけず涙をのんだ。負ければ終わりのトーナメント。3年生は最後の大会。両チーム最後まで全力プレー。白樺学園男子バレー部も思いを込めた全力プレーで好プレーも随所にあり笑顔が見られたが、第一セットの逆転負けが悔やまれ、相手の粘りに惜しくもベスト8進出を逃した。選手のみなさん、保護者関係者の皆さんお疲れさまでした。そして3年生のみなさん3年間お疲れさま。ベスト8惜しかった!  応援のみなさん、白樺学園バレーボール部にこれからもあたたかい声援よろしくお願いします。

IM7D2906.jpg

IM7D2916.jpg

IM7D2926.jpg

IM7D2928.jpg

IM7D2968.jpg

IM7D2983.jpg

IM7D2997.jpg

IM7D3007.jpg

IM7D3046.jpg

IM7D3064.jpg

IM7D3076.jpg

IM7D3097.jpg

IM7D3134_1.jpg

IM7D3163.jpg

IM7D3169.jpg

IM7D3234.jpg

IM7D3264.jpg

IM7D3271.jpg

IM7D3273.jpg

IM7D3345.jpg

IM7D3382.jpg

IM7D3393.jpg

IM7D3405.jpg

IM7D3412.jpg

IM7D3500.jpg

IM7D3517.jpg

IM7D3524.jpg

IM7D3545.jpg

IM7D3547.jpg

IM7D3558.jpg

IM7D3621.jpg

IM7D3713.jpg

IM7D3789.jpg

IM7D3866.jpg

IM7D3876.jpg

IM7D3913.jpg

IM7D4056.jpg

 

IM7D4155.jpg

◇試合結果

白樺学園 1(23−25、25−20、17−25)2 札幌工業

 

◇20点到達時のスコア(最終スコア)左が白樺学園

第一セット 20−17(24−25)

第二セット 20−14(25−20)

第三セット 14−20(17−25)

 

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。