HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> ホッケー部 劇的同点 GWSで決勝へ アイスホッケーインターハイ

生徒・保護者の皆様へ

ホッケー部 劇的同点 GWSで決勝へ アイスホッケーインターハイ

第68回全国高等学校アイスホッケー競技選手権大会は25日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸で、準決勝の白樺学園対武修館高校の試合を行い、白樺学園が延長とGWS(ゲームウィニングショット)の末3−2で勝利した。明日決勝で駒大苫小牧高校と2年連続6度目の優勝をかけ対戦する。頑張れ、白樺学園アイスホッケー部。(荘司)


1−2で迎えた最終ピリオド残り30秒、6人攻撃から宮田が決め同点とした。3人対3人による5分間の延長で決着がつかずゲームウィニングショットに突入。最後は中條が決め、3−2で勝利した。

 

得点 時間 アシスト→得点者

1点目 16分36秒 竹谷→佐藤尚 (同点ゴール)

2点目 59分30秒 米山→前田→宮田 (同点ゴール)

3点目 GWS 中條(決勝ゴール)

 

失点

1 9分19秒

2 41分32秒

 

 

ゴールキーパー

佐藤永基

 

 

 

【準々決勝】

白樺学園4−1北海道栄

 

1点目 37分59秒 竹谷→金子→宮田

2点目 45分57秒 佐藤佑→金子→宮田

3点目 49分04秒 前田

4点目 59分26秒 中條→前田

 

失点

1 50分19秒

 

ゴールキーパー

佐藤永基

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。