HOME >>  新着情報 >> 男子400m神谷優勝表彰台独占・中西1500mで優勝

新着情報

男子400m神谷優勝表彰台独占・中西1500mで優勝

陸上競技の高体連十勝支部予選は23日帯広の森陸上競技場で第1日目の各競技を行った。白樺学園は、男子400mで3年生で主将の神谷が優勝。2位橋本、3位永井(共に1年)が入り、1〜3位を独占した。女子は100mハードルで伊東が2位、400mで藤澤が2位となった。(荘司)

7DM26732.jpg7DM26476.jpg

左)主将が意地の自己ベスト更新で優勝 右)序盤後続を引き離し優勝の中西

 


7DM26711.jpg
400mは横並びのレーンで、1位〜3位を独占した。

「インターハイが目標、チームもトラックで順調な滑り出し」と神谷主将。自身初めてのインターハイ出場を目指し気合い十分だ。

「記録は考えずに思いきって走った」と中西君。序盤の独走で他を圧倒し逃げ切り勝利した。

「主将の走りがチームを活気づけている。おかげで良いスタートが切れた」と小西先生。

女子リレーは2位で、男子リレーは3位で全道大会出場を決めた。

 

3年生にとっては最後の全道・そしてインターハイチャレンジです。

 

悔いのない走りを!頑張れ、白樺学園陸上競技部。

 

 

<この他にも入賞者が出ています。>

 

男子 1500m 浅田 3位、森本 8位

女子砲丸 金谷 4位

女子走幅跳 辻本 4位、中田6位

女子100mh 中田 7位

男子5000mw 小椋 5位

 

なお、記録は3日目を通じてまとめる予定です。

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

新着情報一覧

新着情報のindexです。