HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> 野球部 完封で令和初勝利をあげる 春季十勝支部予選

生徒・保護者の皆様へ

野球部 完封で令和初勝利をあげる 春季十勝支部予選

12日、第58回春季北海道高校野球大会十勝支部予選大会2回戦で白樺学園は清水高校に8−0(7回大会規定)で勝利した。3回戦は14日第三試合で帯広緑陽高校と対戦する。観戦、応援ありがとうございました。引き続きあたたかい応援よろしくお願いします。(荘司)

7DM22510.jpg


清水高校 000 000 0   0
白樺学園 110 114 X   8

投手ー捕手:久保、片山(6回)ー業天

三塁打:大和(4回)。矢野(6回)

二塁打:山口(6回)

 

得点

初回、四球とヒットでノーアウト一、三塁から、奥村(龍)のセンターへの犠牲フライで先制した。

2回には、二死二、三塁から一番で先発出場の川浪の内野安打で2−0とした。

4回は先頭打者の大和が三塁打。業天が四球で一、三塁の場面、久保がレフトへの犠牲フライで3−0。

5回、先頭の奥村(龍)がヒットで出塁、盗塁を決めて無死二塁。4番の山口がレフト前へタイムリーヒット。4−0。

6回、表の守備から出場の矢野が一死からセンターオーバーの三塁打。内野ゴロ、四球と盗塁、四球で二死満塁。4番山口がレフト線へ2点二塁打を放ち、6−0。二死二、三塁。5番片山のセンター前2点タイムリーで8−0。

 

先発久保は5回を投げて被安打1の無失点。10の三振を奪い6回からショートの守備についた。

6回には一塁を守っていた片山が登板。2回を無安打、無四球、4奪三振で無失点に抑えた。

アウト21の内、三振が14、内野ゴロが4つ(1併殺含む)、外野フライが2つだった。

 

両チーム無失策の試合だった。

 

 

頑張れ、白樺学園。応援の気持ちを込めて、試合の流れにそって写真を掲載します。

 

7DM21461.jpg

 

春の第1球を投じる

7DM21522.jpg

 

初回、小フライを果敢に撮りにいく

7DM21560.jpg

 

応援、たくさんの保護者、関係者の方。

野球部員そして校長も。

7DM21623.jpg

 

先制点

7DM21636.jpg

 

初回、盗塁を決める

7DM21678.jpg

 

4回、連続三振を奪う

7DM21882.jpg

 

4回、先頭で登場し三塁打。チャンスメーク。

7DM21951.jpg

 

5回、ヒットと盗塁成功、ワンヒットでホームインする。

7DM22116.jpg

 

守備から出場も初打席で三塁打

7DM22288.jpg

 

二死満塁で4番の一振り、2点ツーベース。

7DM22334.jpg

 

5回から登板、2回をパーフェクト。

7DM22395.jpg

 

7回、初めてのサードへの打球を処理する

7DM22426.jpg

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。