HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> 2本塁打・連続完封で準決勝へ 春季野球十勝支部予選

生徒・保護者の皆様へ

2本塁打・連続完封で準決勝へ 春季野球十勝支部予選

14日、第58回春季北海道高校野球大会十勝支部予選大会の3回戦で白樺学園は帯広緑陽高校を80(7回大会規定)で下し準決勝進出を決めた。準決勝は18日土曜日第1試合で帯広三条高と江陵高の勝者と対戦する。引き続きあたたかい応援よろしくお願いします。(荘司)

IMG_0330.jpg

 


帯広緑陽 000 000 0   0

白樺学園 500 030 X   8

 

投手-捕手:奥村柊、松山(6回)-業天

 

本塁打:奥村龍(1回)、片山(1回)

二塁打:宮浦(4回)

 

先発で公式戦初出場、初先発の奥村は5回を4安打5つの三振を奪い無失点に抑えた。

6回から登板の松山は1死球こそ与えたが2回を無安打無失点に抑えた。

 

得点

初回

一死一塁から3番奥村(龍)がライトオーバーのツーランホームランで2-0。奥村は2試合連続で先制打。二死、5番片山が放った打球はライトのフェンスを越えソロホームランとなり3-0。(白樺の1イニング2本塁打は記憶にないほど希有なできごと。)さらに大和がヒット、盗塁で、二死二塁で7番業天の打球を相手がエラーし、4-0で二死二塁に。さらに、8番久保がレフト前へタイムリーヒット。5-0とした。

 

5回 4番山口、5番片山の連続ヒットと送りバント、四球で一死満塁も次打者が倒れ二死満塁。代打蔵谷がセンター前2点タイムリーヒットで7-0。さらに二死一二塁で1番川波がレフト前へタイムリーヒットで8-0とした。

 
頑張れ、白樺学園野球部
 
IMG_9936.jpg
1回 2点本塁打で先制
 
 
IMG_9951.jpg
 
IMG_9966.jpg
1回 この回2本目となる本塁打で3−0。
 
IMG_9979.jpg
 
IMG_0154_1.jpg
二死満塁からの代打登場でタイムリー
 
IMG_9882.jpg
初登板、初先発
 
IMG_0232.jpg
リリーフ登板、2回を無失点
 
 

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。