HOME >>  生徒・保護者の皆様へ >> ザ・ラストゲーム-十勝支部予選決勝戦-

生徒・保護者の皆様へ

ザ・ラストゲーム-十勝支部予選決勝戦-

高校野球の十勝支部予選、ブロック代表決定戦で白樺学園は1−2で帯広北に破れ、6年連続19度目の出場はならなかった。応援ありがとうございました。(荘司)

帯広北高 000 010 000 01  2

白樺学園 000 000 001 00  1

投手―捕手:桑村、笹森(6回)、松山(10回)―業天


<引き続き更新を予定しています。>

 

<試合開始>

7DM28632.jpg
5年連続18度の出場の白樺学園。

3年生は夏の負けを知らない。いつものように試合がはじまろうとしていた。

 

<始球式>

少年を見守る選手たち。ほっこりした時間。

7DM28642.jpg

<1回>

7DM28734.jpg

 

そして、代表決定戦の第1球が投じられた

7DM28754.jpg

 

7DM28826.jpg

7DM28881.jpg

 

先発の桑村投手は

打者三人を内野ゴロ3つにおさえ上々の立ち上がりを見せた。

 

1回裏

宮浦が死球、奥村が四球を選び、一死一、二塁のチャンス。

7DM28922.jpg

後続がたおれ、無得点。

 

2回表

先発の桑村投手は、相手チームの大きな応援の中、初回に続き好投。

空振り三振、ファールフライ、空振り三振で無失点におさえた。

7DM28960.jpg

2回裏

二死から久保がサードへの内野安打。チーム初ヒット。

送球エラーでこの回も得点圏にランナーがすすんだが、無得点。

7DM29026.jpg

7DM29043.jpg

3回 表

先発桑村は、内野ゴロ二つと外野フライの三者温帯に抑える。

7DM29078.jpg

二死からのライトフライは、ライン際の難しい当りだったが、フェイアグランドぎりぎりで山口が好捕した。

7DM29102.jpg

3回裏

白樺学園の攻撃。二巡目が始まる。一番から始まる好打順だったが、空振り三振二つ、内野ゴロで三者凡退。相手投手を捉えられず、0−0のまま4回へ。

 

 

 

 

 

 

<<前の記事へ

次の記事へ>>

新着情報

生徒・保護者向け新着情報

生徒・保護者向けの新着情報です。