HOME >>  新着情報  >>  吹奏楽

吹奏楽

2014.03.16

教会に響く吹奏楽〜白樺学園高校吹奏楽部 帯広聖公会礼拝堂コンサート PART1

16日、白樺学園高校吹奏楽部が帯広聖公会(帯広市西8条南12丁目3)礼拝堂でコンサートを行ないました。「自分たちも楽しい演奏で聴衆を感動させたい」という部の活動方針の通り、楽しく親しみやすい楽曲や、同校初となる礼拝堂での演奏に相応しい曲も準備、アンコールを含め11曲を披露、集まった50名を超える聴衆を楽しませていた。

IMGS0091.jpg

<続きに写真、記事掲載>

続きを読む

2014.03.04

吹奏楽部のコンサートのご案内

先日の卒業式では開校以来初めての入退場曲演奏を行ったばかりの吹奏楽部ですが、今度は立派な礼拝堂でコンサートを行いますのでお知らせします。顧問の山本先生が12月に帯広交響楽団の演奏で帯広聖公会の同会場で演奏をおこなったところ、「こんな立派なところで生徒に演奏させたい」と思い実現したという。入場は無料です。詳細は次の通りです。

白樺学園吹奏楽部 礼拝堂コンサート

日時:2014年3月16日13時~

場所:帯広聖公会 礼拝堂

入場無料

「お子様からお年寄りまで楽しめるプログラムになっています。」という内容で10曲ほど演奏される予定です。白樺学園の吹奏楽の魅力に触れる貴重なチャンスです。山本教諭によると「100名近く入れる会場」で入場予約は不要とのことです。吹奏楽部 聖公会コンサートポスター(web).gif

続きを読む

2014.02.16

『紅蓮の弓矢』白樺学園高校吹奏楽部

白樺学園高校のある芽室町の小中高が勢ぞろいした「17thフレンドリーコンサート」での演奏です。

人気アニメの「進撃の巨人」のテーマソングです。フレンドリーコンサートならではの選曲ですが、「演奏を楽しむこと」を大切にしている吹奏楽部、こういった曲に挑戦してくれるのは嬉しいですね。毎日毎日、練習を続ける吹奏楽部のみなさん、高文連の全道は高校C編成で銅賞、銀賞ときている二年間。最上級生は3年目をむかえる今年、楽しい演奏を継続して、結果としてもういちだん上に登っていけるといいですね。卒業式が近づいてきますが、3年間やり通した生徒が「吹部の仲間は家族のようだった。」と言ってました。オリンピックに出られた先輩たち(白樺学園からなんと通算27名も出場しています)「継続は力なり」の成果ですから、3年目にあたる今年はさらに良い結果がでるかもしれませんね!演奏を聴いて「私もやってみよう!」という生徒がまた入部したとか。吹奏楽部のみなさん、これからもよろしくお願いします。(荘司)

 

続きを読む

2014.02.14

吹奏楽部 ディスコ・キッド〜芽室フレンドリーコンサートより

2月1日に行われました芽室町の小中高吹奏楽部が一堂に会した17thフレンドリーコンサートより、ディスコキッドのフルバージョンをお届けします。

*このときは、日頃の生徒の成果が色あせないようにするために、映像だけではなく、音声にも気をつけてPCM録音(非圧縮形式のデジタル録音。原音に忠実といわれています。)をしてみました。ライブにはかなわないと思いますが、気に入っていただければうれしいです。

以前掲載した吹奏楽部の演奏をこのHPを通じて聴いた関係者の子供が、吹奏楽に初めて触れたこともあり感動して涙したとか。うれしい限りです。そんな話を聞かされれば演奏者もうれしいですよね!というわけで、リクエストの声が届き、フルバージョンを掲載します。
生徒の皆さんはもちろん、見に行くことが出来なかった遠方の親御さんや関係者の方々がご覧いただき喜んでいただければ幸いです。(荘司)

続きを読む

2014.02.02

吹奏楽部員が182名で大合奏〜「17thフレンドリーコンサート」芽室町の小中高生が一堂に会す

芽室町内の吹奏楽部が一同に会し芽室町教育委員会主催の「第17回フレンドリーコンサート」が1日、芽室町中央公民館で開かれた。小・中・高の吹奏楽部に社会人も加えた合同演奏は182名が参加、迫力ある演奏で満員の観客を楽しませた。

 

ステージには上がりきらないほどたくさんの芽室町の吹奏楽部員たち。

赤いTシャツが本校生徒。

IMGS8092.jpg

 

 白樺学園吹奏楽部は”演奏を楽しみ、感動をあたえる”部の方針さながら、踊りだしたくなるような曲を選抜、「ドリフずっこけコレクション」、「紅蓮の弓矢」(進撃の巨人主題歌)、「ディスコキッド」を楽しく演奏した。

 

日頃の練習の成果をみせる生徒達。

今回はパソコン部の機材を総動員。PCM録音もしてみました。吹奏楽部のみなさん、音質の違いわかりますか?さらに編集して一気に見られるようにしてみました。楽しい演奏が在校生にも臨場感とともに伝えられればと思います。

 

フィナーレの合同演奏では、小中高生が中心に社会人も加え総勢182人による大編成で「あまちゃんオープニングテーマ」と「吹奏楽経験者は一度は演奏したことがある」(会場での曲の解説より)という高校野球の応援にもよくつかわれている「アフリカン・シンフォニー」を大迫力で演奏した。

 

芽室町の力を結集した「アフリカンシンフォニー」は圧巻で、甲子園での応援を彷彿させた。このまま甲子園球場まで一緒にいけたらいいのに!と思える感動的な演奏だった。一緒に地区大会を勝ち抜き甲子園まで行きませんか?吹奏楽部員はもちろん、野球部員、全校生徒に一度は聴いて欲しいすばらしい演奏だった。(荘司)

 

予想以上の音量と迫力にびっくり。低音はまるで地響きですね。

続きにも掲載あり。

続きを読む

クラブ活動