HOME >>  新着情報  >>  白樺学園 同窓会

白樺学園 同窓会

白樺学園同窓会

同窓会からのお知らせ

2014.02.19

『がんばれ。』藤村祥子選手 本日22時30分〜女子5000M第2組で登場〜ソチオリンピックPART5

平成17年度の卒業卒業生で音更町の宝来中央歯科所属の藤村祥子選手が、本日22時30分からはじまるスピードスケートの女子5000Mに登場します。スタート順は第2組で同走はカナダのBLONDIN Ivanie(イバニー ブロンディン)選手。この他日本人選手は5組目に穂積雅子選手、6組目に石澤志穂選手が出場、同競技は全体で8組16人で行われる。今大会本校出身者の出場するレースはこれが最後となる。ちなみに本校からのオリンピック出場者は通算27人。

女子5000mの見所についてスケート競技に詳しい方に伺うと、「いかにラップを安定して刻むか」が大切だという。「女子のこの競技は、距離は長いがペースは比較的にお遅いため心肺能力の高さも要求される。その点藤村祥子選手には、日本人選手の中でトップとなり、入賞のチャンスもあると思う。」と教えてくれました。最初の200Mを過ぎてから400Mごとのラップは33秒位になるという。観戦のさいには是非ラップに注目してみてください。

 

さて本日滑走の藤村選手、100mのラップを10秒40の速さでかけぬけた辻麻希選手に「がんばれ!」とエールを送ってきましたが、最後の「がんばれ!」は本校卒業生のミュージシャンのMy's(マイズ)が昨夏リリースした新曲「がんばれ。」を応援の意味で掲載します。白樺祭で演奏されたものです。辻麻希選手からのメッセージも「自分を信じて」ということでしたが、選手の皆さん、生徒の皆さん「信じた自分を信じて突き進め」など歌詞に注目して聴いてみてください。(荘司)


1分30秒あたりから曲がはじまります。ボーカル(右)の上村(かみむら)さんは本校卒業生(体育コース、野球部)です。キーボードは本校吹奏楽部顧問山本教諭。

撮影は本校パソコン部員、照明は生徒会生徒、編集は荘司が行いました。

続きを読む

2014.02.13

本日23時 辻麻希選手夢舞台で全力疾走!1000M1組目に登場~ソチオリンピックPART4

一昨日11日に行われた女子500mでは、最初の100mを10秒40という速さで二本のレースを滑り、入賞にあと1歩の第9位だった本校卒業生の辻麻希選手が、本日23時からの女子1000Mの1組目に登場します。同走はノルウェーのNJAATUN Ida選手。

500mでは「オリンピックにださせていただいたこと、とても幸せです」と、夢の舞台で幸せそうな同選手。努力の末、夢舞台にいる選手の姿や、滑走後のインタビューなどぜひ生徒の皆さんにも見てもらいたいと思います。辻選手のスケートは「見ている人に力を与えてくれるような走り」に思えます。さあ夢舞台で全力疾走する先輩達に注目しましょう。(荘司)

続きを読む

2014.02.11

がんばれ!辻麻希選手 本日21時45分、500Mに出場 〜ソチオリンピック PART3

「自分を信じて」三度目の挑戦で夢舞台、「できるだけいい色のメダルを持って帰ってきます!」〜頑張れ!辻麻希選手(H15年度卒業)インタビュー

 

本校卒業生の辻麻希選手(帯広市立緑園中出身、開西病院所属)が、小さな頃に夢みた舞台に登場する。

98年長野五輪をテレビで観ていた彼女は、12歳(小6)だった。全国大会で優勝するなどしていたが、「その時の全国大会には遠方の選手はでていないこともあり、五輪は意識していなかった」という。」「オリンピックを目指そうと思ったのは、清水選手(本校OG)が金メダルをとったあの長野オリンピックをテレビで観たときです。」という。今度は辻選手がテレビに登場。誰かのきっかけになるかもしれない。

1611152_580185332063759_2086160323_o.jpg

2012.11.24 ジャパンカップ(真駒内)の辻選手
写真提供:Kouji Yamaguchi(Sports Photographer)

 

(続きにインタビューがあります。長くとりとめもない下手な文ですが、写真もありますので応援の気持ちで読んでいただけるとありがたいです。)

続きを読む

2014.02.09

がんばれ!藤村祥子選手 本日20時30分、3000Mに出場 〜ソチオリンピック PART2

がんばれ!藤村祥子選手 〜インタビュー〜

「白樺生の皆さん!体に入るもの、口にするもの大切に」〜肉体改造、地元調整、選考レースで大逆転、オリンピック出場を勝ちとった藤村祥子選手に電話インタビューしました。

本校卒業生の藤村祥子さん(白樺学園ー日体大ー宝来中央歯科)が、いよいよはじめてのオリンピックでのレースに出場する。本日20時30分からはじまる、スピードスケートの女子3000mに注目ください。藤村さんへの電話インタビューを行いましたがその中で「かなりの大食漢でメガ盛りステーキなんかも食べて無料になった」という話になった。「昔はなんでも好きなものを好きなだけ食べていました。ですが『口に入るものすべてが体になる』と考えるようになり、添加物にも気をつけ、体脂肪も意識するようになりました。(大切な成長時期の)白樺学園のみなさんも、ほんとに体は摂取するものででき上がるので、体に良いものをとるようにしていってほしい。」とメッセージをくれました。
 それからスケートに詳しい同僚にも聞いてみた。「藤村選手はリンクであうとあうと挨拶をかわすしますが、気持ちよく挨拶してくれます。小柄で、特に長距離においては外国人を含めストライドの長い選手が有利に思えるが、よくやっていると思う。頑張って欲しい。」と本校元スケート部部長の山田先生。同種目出場の日本人3選手はもちろん同競技代表中で最も身長が低い154センチ。高い意識、食事管理で鍛え上げた体は体脂肪がへり引き締まっているという。選考レース前、国際レースに主力が出場する中、国内、帯広市にあるオーバルのレースに出場、調整をした。長野Mウェーブで行われたオリンピック選考レースでは、優勝候補にはあげられてはいなかった中、堂々の2種目制覇で出場を勝ち取った。「水色がラッキーカラー」という話になると、「コーチの奥様のアドバイスで、ラッキーカラーを取り入れていて、上手くいっています。」という。多くのスポーツ選手が「左足からスパイクのヒモを結ぶ」などげんを担ぐなどして平常心を保ち最高のパフォーマンスを見せるものだが、精神面も充実しているよう。劣化するため毎年新調している宝来中央歯科のユニフォーム、今年は黒に水色がしっかり入っているが偶然ではない。ネイルも水色。そしてオリンピックでは、「ゴーグルのフレームも水色にする予定」だというので注目してほしい。なお1500mにも出場、そちらは16日23時から。藤村祥子さん、電話でのインタビュー快く引き受けていただきありがとうございました。また記事にかかわってさまざまな方にお話を伺いました。ご協力ありがとうございました。
タイトル藤村選手の名前が水色なのは、活躍を祈ってげんを担いでみました。がんばれ十勝の星、藤村祥子!(荘司)

P1050363.jpg IMG_7406.jpg

左:2009年教育実習での藤村祥子先生、右:十勝にねざしたスケーターは、昨シーズン明治北海道十勝オーバル(長野Mウェーブと同じ屋内リンク)での北海道選手権大会で500m:41秒04、1500m:2分4秒62,3000m:4分14秒70、5000m:7分22秒65で全種目に出場し全種目優勝、観客の声援に笑顔でこたえていた。音更町の宝来中央歯科に所属。ユニフォームは昨季のもの。

続きにも写真を掲載しています

続きを読む

2014.02.06

ソチオリンピック Part1〜頑張れ辻麻希・藤村祥子両選手〜

いよいよ明日7日ソチオリンピック開会式、女子スピードスケートの日本代表として、平成15年度卒業の辻麻希さん(開西病院)と平成17年度卒業の藤村祥子さん(宝来中央歯科)が出場する。二人に電話取材をお願いすると、「快諾」で、その内容や白樺学園の後輩達へのメッセージも掲載予定です。ふたりとも「時々見てますよ」とのことですが、ソチから白樺学園ホームページの閲覧を呼びかけましたので、当人達が見てくれるのも期待しつつ、今日は校内に掲げられた懸垂幕や掲示物を紹介して応援メッセージにしたいと思います。繰り返しますがインタビューの内容についてはこれから掲載していきますのでお楽しみに。(荘司)

IMG_6074.jpg

同窓会の立派な懸垂幕が本校第二アリーナに設置されている。

IMG_6087.jpg

校内の”白樺ホール”にも掲示されていて、毎日生徒が目にしています。

続きにも写真を掲載します。

 

続きを読む

同窓会

白樺学園 同窓会

白樺学園 同窓会からのお知らせです。