HOME >>  新着情報

新着情報一覧

2017.03.20

大場悠平さんNHKのど自慢グランドチャンピオンに

本日3月20日、東京NHKホールで行われた「NHKのど自慢チャンピオン大会2017」に出場した本校OB大場悠平さん(H28年卒業)が、見事グランドチャンピオンに輝きました。おめでとうございます。この大会は昨年一年間各地で開かれたのど自慢大会の優勝者から選ばれた14組が出場し、チャンピオンの中のチャンピオンを決める大会。大場さんは、中島みゆきさんが作詞、作曲し、清水翔太さんがカバーしている「化粧」を熱唱、栄冠をつかんだ。(荘司)

続きを読む

2017.03.17

卒業生進路実績を更新しました

平成28年度~26年度までの進路実績を更新しました。学事報告で発表されたものが元になっていますが、平成28年度は本日3月17日現在のものを掲載いたしますので、こちらのページをご覧ください。

続きを読む

2017.03.16

ホッケー部快勝 笑顔でシーズン締めくくる 全十勝高校新人アイスホッケー選手権大会

全十勝高等学校新人アイスホッケー選手権大会(高体連十勝支部、帯広アイスホッケー連盟主催)の決勝戦が16日帯広の森アイスアリーナで行われました。

LD7A3053.jpg

 

 

続きを読む

2017.03.16

U18フットサル道代表に岩館君

第3回全国ユースフットサルトーナメント大会に出場する、フットサルのU18北海道選抜チームにこの春本校を卒業、サッカー部で活躍した岩館汰一君が選ばれました。大会は3月28日から30日まで東京都の墨田区総合体育館で行われます。サッカー部はチームとしても全国ユースフットサルで二年連続北海道代表になっている。(荘司) <<前の記事へ(続きを読む

2017.03.15

平成29年度入学者選抜試験の合格者について

平成29年度入学者選抜試験合格者(受験番号)は次の通りです。

2017年03月14日08時37分39秒.jpg

平成29年度入学者選抜試験合格者.pdf

続きを読む

2017.03.13

氏家先生の「積分と微分の授業」が「数学教室」に掲載

本校教諭で数学担当の氏家英夫先生のレポート「積分と微分の授業」が数学教育協議会/国土社発行の「数学教室」2017年4月号に掲載された。レポートで報告された授業はこの春卒業したばかりの生徒達が3年生の時に実施されたもの。「授業をうけていたみなさんにぜひ見てもらいたい。」と氏家先生。今号の他、5月、7月の3回にわけて掲載される予定。ぜひ一度お読みください。(荘司)

氏家数学_0003.jpg

積分と微分の授業1_数学教室2017_4月号.pdf

続きを読む

2017.03.01

146名巣立つ 第57回白樺学園高校卒業式

今日1日、白樺学園高校(嶋野幸也校長)の第57回卒業証書授与式が行なわれました。進学・教養コース87名、体育コース59名、合計146名が白樺学園を巣立った。式では送辞を進学・教養コース2年で生徒会長の大本悠斗君(帯広市立大空中出身)が、同コース3年生で前生徒会長の伊藤綾斗君(帯広市立帯広第八中出身)が卒業生を代表し、「寂しいですが、離れるのは距離だけ」と、答辞を涙ながらに心を込めて読み上げた。今年度の学園賞は体育コース3年で野球部主将を務め甲子園にも出場した橋本球道君(芽室西中学校出身)が受賞した。今回も入退場のBGMは吹奏楽部の生演奏で行われた。式の後は各教室で一人一人に卒業証書が手渡された。どのクラスもあたたかな雰囲気の中、笑顔と涙の最後のホームルームが行われていました。終了後は、生徒達は各々スマートフォンのカメラで卒業写真を撮りあい、名残を惜しんでいた。(荘司)

IMG_0708_2.jpg

続きを読む

2017.02.21

OG郷亜里砂さん銅メダル〜冬季アジアスピードスケート

2017冬季アジア札幌大会のスピードスケート競技の二日目が本日21日、地元帯広の森の明治北海道オーバルで行われ、女子500mに出場した本校OGの郷亜里砂さんが銅メダルを獲得しました。同種目には同じくOGの辻麻希さんも出場し6位、男子1000mに出場した本校OBの長谷川翼選手は4位だった。世界トップレベルのレースが帯広の森で開催され、本校卒業生も頑張っています。貴重なこの機会に一度ぜひご覧ください。(荘司)

続きを読む

2017.02.20

冬季アジア大会開幕!OB長谷川翼選手34秒79で銀メダル

2017冬季アジア札幌大会のスピードスケート競技が本日20日、白樺学園隣接の帯広の森の明治北海道オーバルで開幕しました。大会初日本校OB、OGあわせて3選手が出場した。最初の種目の男子500mには、長谷川翼選手(日本電産サンキョー ー 日大 ー 白樺学園H23年度卒)が34秒79のリンク新記録、大会新記録、アジア新記録で銀メダルを獲得した。長谷川選手の話:「たくさんの方々が応援に来てくれている中、優勝できなかったのは申し訳ない気持ち。良いレースはできてタイムも納得。100mの時点でいける!と思ったが(同走で優勝の)相手の後半の伸びが良かった。アジアで勝って来期につなげたかった。ただ、安定して34秒台がでるようになってきて、伸びてきているのが自分でも実感できている。ヨーロッパの選手も力があるが、平昌(オリンピック)も是非応援にきてほしい。」この他、女子1000mで郷亜里砂選手が5位、辻麻希選手が10位だった。(荘司)

LD7A1346.jpgLD7A1485.jpg

 

続きを読む

2017.02.14

本校2年久保君が世界ジュニアスピードスケートで金

(速報)世界ジュニアスピードスケート選手権(フィンランド・ヘルシンキ)で日本代表として参加している本校2年生でスピードスケート部員の久保向希君が昨日行われた1000mで見事金メダルを獲得しました。おめでとうございます。なお先日おこなわれた500mでは銅メダルを獲得している。(荘司)

16665242_1636914629936734_5459208697406542906_o.jpg
写真:本校スピードスケート部(フェイスブック)より提供いただきました。

続きを読む

新着情報

新着情報一覧

新着情報のindexです。