HOME >>  新着情報

新着情報一覧

2018.11.24

劇的同点・延長も惜敗準V アイスホッケー道高校選抜大会

第28回北海道高校選抜アイスホッケー大会は24日、苫小牧市の白鳥王子アリーナとダイナックス沼ノ端スケートセンターで順位決定戦4試合を行った。白樺学園は優勝決定戦で武修館高校と対戦した。

IM7D6268_.jpg

続きを読む

2018.11.23

ホッケー部決勝へ 道高校選抜アイスホッケー大会

23日北海道高校選抜アイスホッケー大会は、白鳥王子アリーナとダイナックス沼ノ端スケートセンターでブロックリーグによる予選8試合を行い、Aブロックは白樺学園が2戦2勝で明日の優勝決定戦に進出を決めた。対戦相手はBブロック2戦全勝の武修館高校で午前11時より白鳥王子アリーナで行われる予定。(荘司)

続きを読む

2018.11.18

男子バレー部 ベスト8へあと一歩 フルセットで涙 春高バレー道予選

16日、全日本バレーボール高校選手権北海道代表決定戦の男子3回戦、白樺学園(帯広1位)は札幌工業(札幌5位)と対戦、フルセットの末、1(23−25、25−20、17−25)2で敗れ、ベスト8進出はならなかった。(荘司)

IM7D4108.jpg

続きを読む

2018.11.15

高看合格に喜びの声

10月13日に行われた帯広高等看護学院の推薦入試において、本校進学教養コース3年の須藤美咲さんが見事合格を勝ち取った。須藤さんは1年次から本校の各種講習会に積極的に参加し努力を積み重ねた。3年次には勉強同好会に入会し、授業が始まる前に行われる朝講習会や、放課後講習会で更なる成長を遂げた。続きに須藤さん、勉強同好会顧問の春木先生、進路指導部長の福井先生のコメントを掲載します。

続きを読む

2018.11.15

男子バレー部初戦勝利 春高道予選

全日本バレーボール高等学校選手権大会北海道代表決定戦は、15日、女子の二日目と男子の初日の試合を行った。白樺学園は初戦(二回戦)で小樽桜陽高校を2−0で下した。明日はベスト8進出をかけ札幌工業高校と対戦する。がんばれ。白樺学園男子バレー部。(荘司)

続きを読む

2018.11.13

春高目指し明日道予選開幕 男子バレーボール部

第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)北海道代表決定戦が明日北海きたえーる(札幌市)で開幕する。男子が出場の白樺学園は大会二日目の15日に2回戦で小樽桜陽高校と対戦する。決勝戦は17日土曜日で男女各2校ずつが全国大会出場権を得る。がんばれ白樺学園バレー部。(荘司)
大会組合せ
(道高体連バレー専門部HP)

続きを読む

2018.11.13

校長通信2018冬号 我が子のように思う

この間夏だと思ったら、秋が来て冬を迎えますね。十勝も初雪がまだですが、11月上旬で道内で雪が観測できていないのは132年ぶりだそうです。さて校長通信は初雪より一足先に「冬」号が完成しましたので掲載します。今号校長雑感の中で「(生徒達を)我が子のように思うこと」の大切さ、難しさをが語られています。さてとりあげたエピソードはどんなものなのでしょうか。ぜひお楽しみください。(荘司)

snow crystal.jpg

校長通信2018冬号.pdf

続きを読む

2018.11.12

柔道選手権大会十勝支部予選 2名が全道決める

11月11日(日)帯広の森体育館にて、第41回全国高等学校柔道選手権大会十勝支部大会(十勝柔道連盟、道高体連十勝支部主催)が行われました。(荘司)

IMG_1057.jpg
 

続きを読む

2018.11.11

ホッケー部 決勝で敗れ連覇ならず 北北海道前期決勝大会

アイスホッケーの第52回北北海道高校大会前期決勝大会は11日、日本製紙アイスアリーナで決勝を行った。白樺学園(十勝1位)は武修館(釧路1位)に5−8で破れ連覇はならず2位。第一ピリオドに3失点、第二ピリオドは終了時で2−5だったが、第三ピリオド6分すぎに中條のゴール、758秒に畑山のゴールで4−5と1点差まで詰め寄ったが5−8で破れた。今大会1位の武修館、2位の白樺学園、3位の釧路江南、4位の清水は11月23,24の道高校選抜大会(苫小牧)の出場権を得た。(荘司)

IM7D2504.jpgIM7D1980.jpg

(左)第三ピリオド 畑山のゴールで4−5と1点差に詰め寄った。(右)第二ピリオド 1点目のゴールが決まる
 

続きを読む

2018.11.07

NHK杯全十勝選手権 優勝 ー2年連続27度目ー

7日、アイスホッケーの第61回NHK杯争奪全十勝選手権大会高校の部の決勝戦が帯広の森アイスアリーナで行われ、白樺学園が清水高校に5-1で勝利し、2年連続27度目の優勝を果たしました。おめでとうございます。試合は両チーム無得点で迎えた第二ピリオド3分過ぎに先制点をゆるしたが、その4分後に#93金子のゴールで同点。第二ピリオド終盤、残り2分18秒で再び金子のゴールで2−1と勝越した。最終ピリオド中盤にも金子が3本目のゴールで3−1。その後米山も決め4−1。残り4分45秒で金子が4本目のゴールを決め5−1で勝利した。(荘司)

DSC_0744.jpg

続きを読む

新着情報

新着情報一覧

新着情報のindexです。