ブックタイトル学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

ページ
21/24

このページは 学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018 の電子ブックに掲載されている21ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

保育士久保香菜絵さん勤務先/上伏古保育所進学先/せいとく介護こども福祉専門学校こども福祉科進学・教養コース平成26年度卒業(芽室中学校出身)先輩の声Voice保育士になる夢を実現私には妹がおり、小さい頃から年下の子どもたちと遊ぶ機会がたくさんありました。その影響か中学生くらいから保育士を目指すようになっていました。白樺学園は、私の自宅から比較的通いやすいところにあったこと、2年次になると進学・教養コースのどちらかを選べることが魅力的で、白樺学園に入学を決めました。入学してからは、進学するという事を目標に、毎日少しずつ勉強に取り組みました。違う分野の職業と迷ったこともありましたが、先生方が様々な学校を紹介してくれたり、勉強をサポートしてくださった結果、保育の専門学校に入学を決めることが出来ました。高校生活ではいろいろな学校行事が盛んで、楽しい思い出がたくさん残っています。部活動では、ゲートボール部に所属していました。芽室町が発祥の地でもあるため、発祥の地の大会や全国大会、老人ホームの方と一緒に練習をする等の活動をしていました。ゲートボールは幼児からお年寄りまで、幅広い年齢の方がいるため、人と接することが好きな私にとって、とても良い経験になりました。現在、専門学校も無事に卒業し、自分の出身地でもある芽室町で、この春から保育士として働いています。保育士として現場に入り、子どもとかかわることの楽しさを実感しています。毎日があっという間に終わってしまうほど仕事は大変ですが、日々子どもの成長を感じられるため、大変なことがあっても頑張ろうと思えます。私は、自分の夢を叶えるためにこれまで沢山の努力をしてきました。保育士として働くなかで、子どもに夢を与えることが出来るよう、これからも頑張っていきたいと思います。21