ブックタイトル学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

ページ
5/24

このページは 学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

白樺学園だからできる教育があるCreate the future教育改革の2020年へ挑み未来を拓く未来の社会から求められる「学力の3要素」社会で活躍していくための十分な様々な問題を解決していくための多様な人と協働して学ぶための「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」POINT POINT POINT2020年度大学入試改革未来を見据えた人物を育てる多様化とグローバル化2020年度の大学入試が大きく変わります。国語と数学における記述式問題の導入、英語は「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能に変更が予定されています。社会環境の変化に対応できる「自分で解決策や答えをつくり出せる力」の必要性から、高校生が卒業時に一定の基礎学力を身に着けていることが求められます。価値観が多様化する現代において「自分」をきちんと認識し、その上で多様な価値観を理解し助け合い、問題を解決する力が求められています。白樺学園が目指す高校生活とは自分を見つめ、自分軸を作ることの大切さそれでは具体的にどんな高校生活をおくればよいのでしょう?まずは自分を見つめ、「自分軸」を作ることだと考えます。例えば「自分の位置」「自分の形」「自分の方向」などを、授業や行事、部活動や友達との交流等、高校生活の中で少しずつ見つけていくことだと考えています。白樺学園だからできる教育2018年度第3ステージスタート!!主体的・対話的で深い学び(アクティブラーニング)を実践する取り組みをいち早く導入。社会の変化に対応できる教育を行なっています。2015年度白樺学園教育ICT計画の立案セミナー参加・校内セミナー企画・先進校見学他2016年度第1ステージPart1普通教室に電子黒板を設置教員にiPad Air配布生徒用にタブレット準備(iPad mini)Part2Eラーニング用Classiの導入2017年度第2ステージStep1図書室Wi-Fi化自宅学習・GW活用Step2普通教室Wi-Fi化調べ学習・EラーニングICT機器を活用した教育をいち早く導入白樺学園では高等学校教育改革に対応するための教育ICT計画を2015年度から実施。精度を高めています。教育ICTの活用アクティブラーニング主体的・対話的で深い学習ロイロノートスクールアダプティブラーニング各個人の能力に合わせた学習Classi・Classi学習動画ポートフォリオWeb入力次のページで白樺学園の具体的な取り組みをご紹介します5