ブックタイトル学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

ページ
6/24

このページは 学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

学校案内 SHIRAKABA STYLE 2018

より深く。よりわかりやすい教育を目指して。ICT教育、3年目のステージへさらに進化した環境で、新しい教育を。新しい学習指導要領では、前頁で紹介した「学力の3要素」に重点を置かれています。全課程に主体的、対話的で深い学び(アクティブラーニング)が導入し、それを支える教育ICT(Information and Communication Technology)の活用は不可欠です。白樺学園では2015年度より準備を行い、現在は校内のインフラ整備もほぼ完了。さらなる実践へ向けたステージへと向かっています。SHIRAKABASTYLE 2018http://www.shirakaba.ac.jp/生徒ひとりに1台のタブレットで理解力の向上を。教育現場にタブレット等のICTを活用することで教育効果が向上することはすでに実証されています。さらに生徒自らが考えたり調べたり、また必要なときに必要な情報を届けられる点は、主体的、対話的で深い学び(アクティブラーニング)を進めるための大きな意味をもちます。ベネッセClassiシステムの導入校舎内Wi-Fi化ベネッセClassi/Eラーニングは、PCやスマートフォンを利用した学習サポートシステムです。弱点の克服や記録等、幅広く活用されています。校舎内のWi-Fi化を推進中。タブレットへの活用の他に、Classi/Eラーニングでの利用は、生徒の思考力を高める調べ学習や、教員とのやり取り等にも活用しています。6